予防・解消は生活習慣の改善から

合い言葉は、「1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後にクスリ」

複数の危険因子のイラストのフロー図

内臓脂肪を減らすには

消費エネルギーと消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスをとる イラストのフロー図

1日50キロカロリー余分に摂取するとどうなるの?

食べるエネルギーのわずかな違いが長期間で非常に大きな差となります。
例えば、1日50キロカロリー余分に摂取すると、5年間で10キログラム以上の体重の差となって現れます。
すなわち、食べる量を少しだけ減らす、少しからだを動かすことを、こつこつと継続すれば、将来的には内臓脂肪の蓄積を予防できます。

1日50kcal余分に摂取するとどうなるか?イラストフロー図
無理なく内臓脂肪を減らすために まずプランをつくろう
あなたは大丈夫? メタボリックシンドロームをチェックしよう。
メタボリックシンドロームなぜ怖い 危険因子が重なるほど心臓病の危険度が高まる

この記事に関するお問い合わせ先

健康対策課 健康食育推進係

住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5198 ファクシミリ: 025-285-8757

更新日:2019年03月27日