禁煙、したいあなたに!

 禁煙の方法は、大きく分けて2種類あります。自分にあった方法を選んでみましょう。

禁煙方法一覧
禁煙方法 医療機関で
禁煙治療を受ける
薬局・薬店でニコチンパッチや
ニコチンガムを使ってやめる
おすすめの
タイプ

・喫煙本数が多い人

・禁煙する自信がない人

・過去に禁煙して禁断症状が強かった人

・精神疾患など、禁煙が難しい特性を有する人

・薬剤の選択など、禁煙にあたって医師の判断を必要とする人

・喫煙本数が少ない人

・禁煙する自信が比較的ある人

・忙しくて医療機関を受診できない人

・保険適用の条件を満たさない人

 【出典:脱メタバコ支援マニュアル,2008】

医療機関で禁煙治療を受ける

 2006年4月から健康保険を使って禁煙治療が受けられるようになりました。(禁煙したい人すべてが保険適用になるというわけではありません。下の項目すべてに該当し、医師に禁煙治療が必要だと認められた場合、保険適用の治療が受けられます。)

保険適用対象者となり得る基準

  1. 直ちに禁煙しようと考えていること。
  2. ニコチン依存症スクリーニングテストでニコチン依存症と診断(5点以上)されていること。(エクセルファイル参照)
  3. 35歳以上の者についてはブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること。
  4. 「禁煙治療のための標準的手順書」に則った禁煙治療プログラム(12週間にわたり計5回)について説明を受け、参加について文書により同意した者。

どんな治療をするの?(禁煙治療の内容とスケジュール)

禁煙治療の内容とスケジュール一覧
受診時期 治療内容
治療前の問診・診療 禁煙治療のための条件の確認
初回診療
  1. 診察
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  3. 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  4. 禁煙補助薬の処方    
再診1(2週間後)
  1. 診察
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  3. 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  4. 禁煙補助薬の処方    
再診2(4週間後)
  1. 診察
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  3. 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  4. 禁煙補助薬の処方    
再診3(8週間後)
  1. 診察
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  3. 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  4. 禁煙補助薬の処方    
再診4(12週間後)
  1. 診察
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  3. 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  4. 禁煙補助薬の処方    

【出典:日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会「禁煙治療のための標準手順書(第6版)」】

禁煙治療の費用はどのくらい?[自己負担額(3割負担)]

禁煙治療の費用一覧
  ニコチンパッチ
の場合(注釈5)
バレニクリン
の場合(注釈5)
【診療所】
初診料+再診料(注釈1)
ニコチン依存症管理料
院外処方箋料(注釈2)
5,830円 6,040円
【保険薬局】
調剤料(注釈3)
禁煙補助薬(注釈4)
7,250円 13,620円
合計 13,080円 19,660円
  • 注釈1 禁煙のみを目的に、診療所又は許可病床数が200床未満、時間外対応加算、明細書発行体制等加算の施設基準に係る届出をしていない医療機関で治療を受けると仮定。再診料には外来管理加算を含むと仮定。
    (注意)他の疾患の治療にあわせて禁煙治療を受ける場合、初診料および再診料については重複して支払う必要はありません。
  • 注釈2 院外処方で、禁煙補助薬のみ処方されると仮定。
  • 注釈3 処方せん受付回数が月4000回超かつ特定の保険医療機関からの集中度が70%超、あるいは処方せん受付回数が月に2500回超かつ特定の保険医療機関からの集中が90%超、以外の保険薬局で調剤を受けると仮定。基準調剤加算1・2、後発医薬品調剤体制加算1・2の施設基準に係る届出をしていない保険薬局。調剤基本料・調剤料のほか、薬剤服用歴管理指導料を含むと仮定。
  • 注釈4 禁煙補助薬を標準的な用法・用量で使用すると仮定(ニコチンパッチは8週間、バレニクリンは12週間)。
  • 注釈5 上記費用は2014年4月に改定された診療/調剤報酬点数に基づいて算出。

 【出典:日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会「禁煙治療のための標準手順書(第6版)」】

禁煙補助薬って、どんなもの?

 禁煙補助薬には、ニコチンパッチ、ニコチンガム、バレニクリン(内服薬)の3種類があります。これらの薬は、禁煙後の離脱症状を抑え、禁煙を助けてくれます。 

禁煙補助薬一覧
ニコチンパッチ ニコチンガム バレニクリン
ニコチンパッチの写真
 ニコチンガムの写真
 水色の錠剤バレニクリンの写真白色の錠剤バレニクリンの写真

・健康保険が使えます。

・ニコチンを皮膚から吸収させる貼り薬です。

・毎日1枚皮膚に貼り、離脱症状を抑制します。

・禁煙開始日から使用し、8週間の使用期間を目安に貼り薬のサイズが大きいものから小さいものに切り替えて使用します。

・高用量の剤形は医療用のみです。

・薬局薬店で購入します。

・口の中の粘膜からニコチンを吸収させるガム製剤です。

・たばこを吸いたくなった時に、1回1個をゆっくり間をおきながらかみ、離脱症状を抑制します。

・禁煙開始日から使用し、12週間の使用期間を目安に使用個数を減らしていきます。

・健康保険が使えます。

・ニコチンを含まない飲み薬です。

・禁煙時の離脱症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制します。

・禁煙を開始する1週間前から飲み始め、12週間服用します。

 【出典:日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会「禁煙治療のための標準手順書(第6版)」】

薬局・薬店でニコチンパッチやニコチンガムを使ってやめる

薬局・薬店で買える禁煙補助薬

 薬局・薬店では、ニコチンパッチとニコチンガムが購入できます。使用の際は、薬剤師に相談したり、薬剤の説明書をよく読みましょう。(お薬の説明は、上記の禁煙補助薬一覧をご覧ください。)

この記事に関するお問い合わせ先

健康対策課 成人保健係

住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5199 ファクシミリ: 025-285-8757

更新日:2019年03月27日