アルコール関連問題啓発週間(11月10日~11月16日)

毎年11月10日~11月16日はアルコール関連問題啓発週間です

お酒は私たちの生活に豊かさと潤いを与えるものである一方、不適切な飲酒はアルコール健康障害の原因となります。さらに、アルコール健康障害は、本人の健康の問題であるのみならず、飲酒運転、暴力、虐待、自殺などの様々な問題にも密接に関連します。

平成26年6月に施行された「アルコール健康障害対策基本法」では、国民の間に広くアルコール関連問題に関する関心と理解を深めるため、11月10日~11月16日を「アルコール関連問題啓発週間」と定めています。この期間中は、アルコール関連問題への関心と理解を深めるため、国・地方公共団体をはじめ様々な主体による啓発事業・広報活動が行われます。

令和3年度アルコール関連問題啓発ポスター

新潟県における取組

新潟県では、アルコール健康障害の発生、進行および再発の防止を図るために、平成31年3月に、「アルコール健康障害対策推進計画」を策定し、取組を進めています。

その取組の一環として、飲酒に伴うリスクやアルコール健康障害についての正しい知識の普及を図るため、リーフレットを作成し、県内大学や企業に配布しています。

以下からダウンロード可能ですので、ぜひご活用ください。

アルコールリーフレット(表面)
アルコールリーフレット(裏面)

その他参考

この記事に関するお問い合わせ先

健康づくり支援課 健康立県推進班

住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5198 ファクシミリ: 025-285-8757

更新日:2022年06月17日