旬のヘルシーメニュー1

やせうま(やせごま)の写真

メニュー名

やせうま(やせごま)

レシピ提供者

ひとくちアドバイス

  • 蒸し上がって、すぐには切りにくいが、糸を使うと切れる。
  • 蒸し上がったものは、一晩置いて冷ましてからの方が切りやすい。
  • 硬くなったら、煮たり、焼いたりして食べる。
  • 「やせごま」「やしょうま」「しんこ」とも呼ぶ。
  • 佐渡の行事(旧暦の2月15日お釈迦様が亡くなった日にお供えしお参りする)における、郷土料理・伝承料理である。
  • 佐渡のお寺では、3月15日に涅槃会(ねはんえ)と言われている。冬で、お供え用のお花が無く、団子に色を付け色々な花を形どったのが始まりと言われている。
  • 団子の一種で直径5センチメートル位の円筒形をしており、やせた馬の背中に見えたところから「やせうま」と呼んだとも言われている。

材料

材料の一覧
材料名 分量(1人分) 分量(4人分)
もち粉 75グラム 300グラム
上新粉 175グラム 700グラム
砂糖(好みで調節) 19グラム 75グラム
約150cc 約650cc
食紅(赤・青・黄) 少々 少々

作り方

  1. もち粉・上新粉、砂糖を混ぜ、水を少しずつ入れて耳たぶより少し硬めにこねる。
  2. 作りたい絵柄より、1でこねた粉を必要な量だけ食紅で色を付ける。(手をきれいに洗う。できた粉をビニール袋に入れて置く)
  3. 包丁を使って、絵柄の形を作る。2の色付けした粉を高さ3センチメートルにして、絵柄の部分を包丁で切りながら形どり、まな板の上で作る。
  4. 3のあいている部分に白い粉で高さを3センチメートルにして、包丁で切りながら埋めて、直径10センチメートル位にする。
  5. 4を上に持ち上げるように両手で包み細くし、直径約5センチメートル位の円筒にする。
  6. 半分に切り、蒸気の上がった蒸し器で20~25分間蒸す。蒸し上がったら、一晩置き、切りやすい堅さになったら1センチメートルの厚さに切る。

食事バランスガイド

食事バランスガイドの図(詳細は下記)
食事バランスガイドの一覧
料理区分 つ(SV)
主食 -
副菜 -
主菜 -
牛・乳製品
果物 -
エネルギー及び塩分の一覧
エネルギー 121キロカロリー
塩分 0グラム

この記事に関するお問い合わせ先

健康づくり支援課 健康立県推進班

住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5198 ファクシミリ: 025-285-8757

更新日:2019年03月27日