糖尿病って、どんな病気?

血液中のブドウ糖が過剰になる病気です

ブドウ糖は、ご飯などの糖質が消化・分解されてできる体のエネルギー源です。ブドウ糖は、一部がグリコーゲンとなって肝臓に貯蔵され、残りは血液とともに全身を巡り身体中の組織に取り込まれますが、その時インスリンというホルモンの助けが必要になります。

インスリンは、膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞から分泌されますが、インスリンの分泌が少なかったり、作用が弱いと、ブドウ糖はエネルギーとして利用されにくくなり、血液中のブドウ糖の量が多くなる高血糖の状態になります。

この状態が長く続くと尿に糖が漏れ出るようになるため古くから糖尿病と呼ばれていますが、糖尿病の本質は高血糖症であり、放置するとさまざまな合併症が現れます。

おとなの糖尿病は遺伝的要素+普段の生活習慣が深く関わっています!

遺伝 プラス 食べ過ぎ 飲みすぎ 運動不足 加齢 ストレス 肥満

糖尿病の原因別分類

糖尿病の原因別分類一覧
1型糖尿病(インスリン依存型) 膵臓のβ細胞が破壊されてインスリンが分泌されなくなる。子どもに多い。全体の約5%。毎日のインスリン注射が必要
2型糖尿病(インスリン非依存型) 遺伝的素因+過食や運動不足などの生活習慣が誘因。成人に多いが最近子どもや若い人にも増えている。全体の約95%。
その他の糖尿病 膵臓の病気やホルモンの影響、感染症などによるもの。数は少ない。
妊娠糖尿病 4000グラム以上の巨大児出産経験者は、高い確率で糖尿病になる。数は少ない。

 (※数値は、財団法人日本食生活協会の「食生活改善実践ノート・糖尿病」より)

この記事に関するお問い合わせ先

健康対策課 健康食育推進係

住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5198 ファクシミリ: 025-285-8757

更新日:2019年03月27日