健康にいがた21食事と会話を楽しむための歯や口の健康ヘルシースマイル21>統計資料等
じぶんの健康状態を知ろう
スタイルシートが無効になっていますので『文字サイズ変更』はご利用になれません 文字を大きく文字を小さく

食事と会話を楽しむための歯や口の健康

ヘルシースマイル21 にいがたの歯科保健計画
新潟県の歯科保健 30年の成果
一覧にもどる
ヘルシースマイル21 戻る
新潟県では昭和56年から子どもたちのむし歯を半減することなどを目標とした歯科保健計画を推進しています。
★「むし歯半減10か年運動」(昭和56年〜平成2年)
★「ヘルシースマイル2000プラン(平成3年〜平成12年)
★「ヘルシースマイル21」(平成13年〜平成24年)
ここに30年間の成果を取りまとめました。

むし歯は驚くべき減少

12歳児一人平均むし歯数は大幅に減少
5.03本(昭和55年)→0.75本(平成22年)と1/6以下
平成18年には0.99本となり、県や国の目標値である1本以下を達成!
11年連続で日本一むし歯が少ない県となっています。
※12歳児一人平均むし歯数
 永久歯がほぼ生えそろう12歳児(中学1年生)のむし歯数のことで治療済の歯も含む。
 永久歯のむし歯有病状況を示す代表的な指標であり、WHOをはじめ国際的にも広く使われている。

むし歯がまったくない子の割合は大幅に増加
保育所・幼稚園児   13.6%(昭和55年)→66.2%(平成22年)
小・中・高校生   20.4%(昭和55年)→72.5%(平成22年)

小・中・高校生の喪失歯数は1/21に
◎要因として、以下の3つが挙げられます。
・フッ化物利用によるむし歯予防が進んだこと
・学校と歯科医療機関との連携によるむし歯予防システムを全県で展開したこと
・県民の歯科保健に対する関心が高まったこと

むし歯は驚くべき減少

すべての年代で増加
50歳(45歳〜54歳):6.9本増(19.3本(昭和56年)→26.2本(平成20年))
60歳(55歳〜64歳):10.4本増(12.2本(昭和56年)→22.6本(平成20年))
70歳(65歳〜74歳):11.4本増(6.9本(昭和56年)→18.3本(平成20年))

むし歯は驚くべき減少

平成11年調査   19.7%
平成16年調査   31.5%
平成20年調査 21.1%
◎グラフ等こちらからダウンロードできます
新潟県の歯科保健の歴史
 
PDFデータ (60KB)
パワーポイントデータ (139KB)
30年間の成果  
PDFデータ (396KB)
パワーポイントデータ (261KB)
1歳6ヶ月児、3歳児むし歯有病状況の推移  
PDFデータ (40KB)
パワーポイントデータ (228KB)
児童・生徒のむし歯及び歯周病有病状況の推移  
PDFデータ (85KB)
パワーポイントデータ (215KB)
保育所、幼稚園、小学校及び中学校の歯科保健対策の推移
 
PDFデータ (46KB)
パワーポイントデータ (236KB)
フッ化物洗口の実施状況及び効果
 
PDFデータ (79KB)
パワーポイントデータ (201KB)
成人及び高齢者の歯科疾患の状況  
PDFデータ (85KB)
パワーポイントデータ (377KB)
本県の12歳児のむし歯数は、日本一少なく、10年連続日本一を達成しました!子どものむし歯予防への多大な功績を称え、(社)新潟県歯科医師会を知事表彰しました。
このページの先頭へ
お問い合わせこのサイトの使い方個人情報の取り扱いについて著作権リンク等について
Copyright(C)1996-2007 Niigata Prefectural Government. All Rights Reserved.