にいがた減塩ルネサンス運動

にいがた減塩ルネサンス運動とは?

にいがた減塩ルネサンス運動とは

新潟県では、脳卒中、胃がんの死亡率が高く、これらに対しては、減塩対策が重要です。
外食の増加など近年の食環境の変化に応じて、企業を始めとした、多様な担い手による「にいがた減塩ルネサンス運動」を推進しています。

にいがた減塩 ルネサンス運動の特徴 (1)「おいしく、気軽に、健康に」(2)にいがたの食材・調味料の利用(3)飲食店・スーパー等の連携・協働
2013年チラシ表面

なぜ、減塩なの?

減塩にはどのような効果があるの?

従来の減塩活動は、脳卒中対策が中心でしたが、
◎心臓病 ◎腎機能障害 ◎胃がん予防
にも効果があることがわかっています。

特に、新潟県では全国と比べ(H24人口動態統計)

◎胃がん死亡率 ワースト3位 ◎脳血管疾患死亡率 ワースト3位であり、その対策が求められています

食塩摂取量の年次推移グラフ

「にいがた減塩ルネサンス運動」の目標

野菜や果物に含まれるカリウムは、体内の余分な食塩(ナトリウム)の排出を促し、減塩効果を高める作用があるため、「食塩を減らす」だけでなく、「野菜などからカリウム摂取量を増やすこと」も目指しています。
注)主治医より食事療法の指示のある方はその指示に従ってください。

新潟県の食塩・野菜・果物の摂取状況

県民の食塩摂取状況(H23) 県民の野菜摂取状況(H23) 果物摂取量が100gを下回っている人の割合(H23)

「H23 県民健康・栄養実態調査」


ステップ1 (平成21年〜24年度)の目標 (1)「食塩摂取量1gの減少」、(2)「野菜1皿の増加」、(3)果物1日1個程度の摂取」

ステップ1の振り返り

食事摂取量(グラフ) 野菜摂取量(グラフ) 果物摂取量が100gを下回っている者(グラフ)

「H23 県民健康・栄養実態調査」

食塩摂取量は減少しました! 野菜は源s尿してしまいました… 果物不足の方が増えていました…
ステップ2 (平成25年〜30年度)の目標―さらに (1)「食塩摂取量1gの減少」、(2)「野菜1皿の増加」、継続して(3)「果物1日1個程度の摂取」
ページの先頭へ戻る

無理なくできる減塩のポイント

  • つけものは控えめにしましょう
  • めん類の汁は残すようにしましょう
  • 食材本来の風味を生かしましょう
  • 具だくさんのみそ汁にしましょう
  • しょうゆ、ソースなどは、かけるのではなく、 つけて食べましょう
  • 加工品・インスタント食品は 控えめにしましょう
  • レモン、酢や香辛料を 上手に利用しましょう
  • 低塩の調味料を上手に使いましょう
ページの先頭へ戻る

無理なく野菜をとるためのポイント

  • 野菜料理を毎食1皿以上食べましょう
  • 過熱して、たくさん食べる工夫をしまししょう
  • つけ合せの野菜を残さず食べましょう
  • つくり置きのできる野菜料理を活用しましょう
  • 外食は一品ものより定食を選びましょう
ページの先頭へ戻る