健康にいがた21>メタボリックシンドロームの基礎知識
じぶんの健康状態を知ろう
スタイルシートが無効になっていますので『文字サイズ変更』はご利用になれません 文字を大きく文字を小さく

メタボリックシンドロームにご注意を!

メタボリックシンドロームの基礎知識
次へ
 【メタボリックシンドローム予防パンフレット】
 作成しました!


 ★ダウンロードはこちらをクリック↓

  おもて面  

メタボリックシンドロームの基礎知識

「メタボリックシンドローム」とは
〜ちょっと高めはすでにあぶない〜

 おなかまわりに脂肪がつく内臓脂肪型肥満に加え、高血糖、高血圧、脂質異常といった危険因子を2つ以上あわせ持っている状態を「メタボリックシンドローム」といいます。
 一つひとつの数値は健診で「異常なし」のレベルであっても、「やや高め」の危険因子が重なると、動脈硬化が進み、血管が詰まりやすく破れやすくなり、脳卒中や心臓病を招く危険性が高くなります。

メタボリックシンドロームのメカニズム
県内の40〜74歳男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームとその予備群なのです。

「以前はいていたズボンやスカートが入らなくなった」、
「最近、ベルトの穴が一つ大きくなった」、
「ここ1年間に体重が3kg以上増えた」、
「血糖値や血圧、中性脂肪などの数値が高めと言われた」 
などの方は要注意です。

メタボリックシンドロームの可能性があります。

メタボリックシンドローム予備群イラスト

まずはチェックしましょう。

あなたは大丈夫?!メタボリックシンドロームをチェックしよう。

メタボリックシンドロームなぜ怖い 〜危険因子が重なるほど 心臓病の危険度が高まる〜

予防・解消は生活習慣の改善から

このページの先頭へ
お問い合わせこのサイトの使い方個人情報の取り扱いについて著作権リンク等について
Copyright(C)1996-2007 Niigata Prefectural Government. All Rights Reserved.